プログラミング

Progate卒業に挫折したらProgateが助けてくれた【Ruby環境構築】

Progateのレベル上げが楽しすぎて抜け出せません、かいた(@kilo_kaita)です。

残念なことに?開発経験がないままProgate3年生になりました。
Progateは学習環境が心地よすぎる…。

そんな僕が、ついに殻を破るときが来ました。


結果は、1時間後に挫折。

この記事ではProgate卒業に失敗した僕が、再びProgateの力を借りてローカル環境で開発出来るようになるまでをお伝えします。

Progate卒業に失敗した

一瞬ですが、
「だるいから今度で良いや〜」
なんて思考がよぎりました。

諦めながらもProgateに戻った僕は、
環境構築が10分でできる記事を見つけ、再び挑戦することに。

Progate卒業に挫折した理由

パソコンの前で悩む男性

挑戦する前に、
Progateをなぜ卒業できなかったのか考えてみます。

  • いきなりオンラインで始めた
  • 英語が読めないのに英語のサービスで始めた
  • ”プログラミング”以外の知識が足りなかった

これらがProgate卒業に挫折した理由です。

プログラミング以外の知識が足りないというのは、コードを書くことは出来るのにその言語の優位性や環境構築など、言語そのものに対する理解が足りないという意味です。

Progateは、環境構築無しでゴリゴリ学習できるので、
卒業して改めて、初心者だったんだと思い出すんですよね。

ということで、
まずは環境構築から始めることにしました。

迷ったのですが、言語はRubyにしました。

Rubyの環境構築に挑戦する

僕のプログラミングにおける最終目標は、
Webアプリを世の中に発信することです。

そのための第一段階として、
まずはRubyのローカル環境を構築します。

こうして、
Progateに再びお世話になるのでした…。

【祝卒業】Hello Worldに成功する

解説をしっかり丁寧に読みながら…

ruby hello world

「Hello, World!」
の出力に成功しました!!

これで、Progate卒業です笑

終わりに:ありがとうひつじ仙人

ということで、
プログラマーへの一歩目を踏み出すことに成功しました。

一歩目まで応援してくたProgateさんに、
感謝しかありません…笑

きっと、ひつじ仙人は今後も僕の師匠であり続けるでしょう…。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。