iPhone・iPad

2020年もまだまだ使えるiPad mini2を僕が手放した理由

少し前に、こんな記事を書きました。

iPad mini2はまだまだ使える!【始めての端末におすすめ】

しかしながら私この度…
iPad mini2を手放したので、
その理由を詳しくご報告します。

もちろん、
まだまだ使えると思っていますが、
自分なりに理由があっての行動です。

結論から言うと、
ライフスタイルと使用端末による、
使用頻度の低下が理由です。

iPad mini2が必要なくなった

一番大きな理由は、
iPad mini2が必要なくなりました。

僕が使用していたのは、

  • Evernoteの閲覧
  • Kindleで読書
  • YouTube

この三つが主な理由です。

特にKindleはとても読みやすく、
雑誌を拡大しなくても多少読めるのが
とても魅力的で外出時に愛用してました。

しかし、
ある話題なAndroid端末を入手以降、
使用頻度が劇的に低下してしまいました…。

最新6インチスマホが便利

メインでiPhone8を使用してますが、
サブ機にXiaomiのK20を携帯しています。

Xiaomi K20は技適が付いていません。

使用は自己責任であり、
この記事は勧めるものではありません。

これがですね、
非常に便利なんですよ。

タブレットよりも小さい

当然ですが、
タブレットよりも小さいです。

なので、
持ち運びに最適すぎるんです。
アウターのポケットに入れてます。

iPad miniとはいえ、
ポケットに入れるのは…
入るけど難しいですよね笑

文字の入力が楽

これは結構大きな違いです。

個人差はありますが、
タブレットサイズと比較すると
スマホの方が入力が早いです。

僕の場合、
サクッと調べ物をする機会が多いので、
少しでも早く入力したいんですよね。

十分な画面の大きさ

これも個人差ありますが、
タブレットが不要になるほど、
スマホの画面が十分大きいです。

手軽に動画を見たりするのは、
スマホの方が快適です。

大きな画面で見たければ、
パソコンでも見れますからね笑

ただしiPad miniは、
画面が4:3のアスペクト比です。
雑誌の閲覧に優れていたりします。

雑誌を読む機会が減ったので、
読書だけなら良いだろうと
手放すことにしました。

タブレットは欲しい

様々な事を言いましたが、
タブレットは欲しいです。

実は買い替えのために手放した、
というのが正しいのかもしれません。

スマホの大画面化により、
iPad miniでは差別化が困難。
もう少し大きいタブレットが欲しい。

一度第6世代iPadを使いましたが、
なんかしっくりこなかったんですよね。
もちろんApple Pencilも買いましたよ。

Fire HD10も使いましたが、
あれは画質が引っかかりますね。
Retinaに慣れてしまったせいかな笑

最後に:結局目的が大事

とはいえとはいえ…。
「なんのために使うの?」
って話ですよね。

5W1Hに落とし込み、
どうしてタブレットが必要か、
どうしてこの端末にするのか…。

ちゃんと目的から考えることが大事。
つまり、人それぞれですからね。

ということで、
iPad mini2を手放した報告は、
これにて以上となります。

ここまでお読みいただき、
ありがとうございました。