秘密のノート

FP3級実技の個人資産相談業務を3日間で攻略するための戦略を立てた

こんにちは、かいたです。

FP3級の実技試験を申し込んだのですが、
気がつけば試験まで残り3日間でした笑

そこで…
3日間で合格するための戦略を立てました!
戦略通りに対策すれば間に合うはずです!

今回は、
『金財 FP3級実技 個人資産相談業務』に
3日間で合格するための戦略を紹介します!

僕は、結果として無事に合格することができました。

個人資産相談業務を突破する戦略

戦略を立ててる様子

3日間で合格するためには、
戦略を立てて効率的な学習が必要です。

FP3級の試験範囲と出題実績-FP試験ナビから、
FP3級の出題実績一覧表を参考にしました。

出題傾向を探る

FP3級の出題実績一覧表は、
2009年から2018年までの過去問題で、
何がどれだけ出題されたかが分かります。

合計値が書かれているので、
どれぐらいの確率で出題されたのか
計算することが可能です。

出題頻度を探る

FP3級の出題実績一覧表を元に、
合計値÷31(試験数)で
項目ごとに確立を計算してみました。

学習するべき項目はズバリこれ

ここからは、
FP3級の出題実績一覧表を元に、
出題頻度の高い問題を紹介します。

  • 絶対に解けるようにする
  • 余裕があればやる

2つに絞りました。
3日間で合格基準60%に到達するには、
項目を思い切って絞るのが重要です。

絶対に解けるようにする

出題率60%以上
  • 公的年金:197%
  • 株式投資:100%
  • 不動産に関する法令上の規則:94%
  • 所得控除:90%
  • 相続と法律:90%
  • 相続と税金:90%
  • 各種所得の内容:77%
  • 贈与と税金:77%
  • 社会保険:71%
  • 債権投資:71%
  • 不動産の見方:71%
  • 不動産の取引:61%
  • 所得税の申告と納付:61%

『公的年金』の197%は、
「1度に1.97回登場する可能性がある」
ということになるので対策必須です。

半分以上の確立で出題される項目なので、
過去問題での対策が必須です。

テキストをよく読んで、
分からないところを全て潰しましょう。

1度に2問出題される問題もあります。
ここで紹介した項目の問題は、
必ず解けるように対策しましょう!

余裕があればやる

出題率34%以上
  • 金融商品と税金:45%
  • 外貨建商品:39%
  • 相続財産の評価:39%
  • 所得税の仕組み:35%

「3回に1回以上登場する可能性が高い」
余裕があれば対策するべき問題です。

優先度は低いですが、
時間があれば絶対に対策するべきです。

短期間で合格するためには、
「勉強しない」選択が重要です。
思い切って絞りましょう。

個人資産相談業務を学習する方法

ここからは、絞り込んだ項目を
学習する方法を紹介します。

  • FP3級のテキストを読む
  • 過去問題を解く

たったこれだけです。

テキスト読んで、
とにかく基礎理解を深めていきます。

次に過去問題を解くことで、
問題が解けるか確認します。
わからなければ、読み直します。

シンプルですが、
この繰り返しが効率的。

FP3級のテキストを読む

使っているテキストはこちら
『みんなが欲しかった! FPの教科書 3級』

カラーで書かれているだけでなく、
抑えるポイントが明確化されているので
非常に読みやすいテキストだと思います。

過去問題を解いて確認

過去問題は、
FP3級 過去問道場(実技)-FP3級ドットコム
こちらのサイトにお世話になっております。

簡単な会員登録をすると、
これまでの学習成績が見れるので、
自分の苦手な問題がすぐに分かります。

【追記】無事に合格しました

じゃじゃじゃーん!!

無事に、無事に、合格することができました!
はい、ありがとうございます。

ちなみに、当日はパソコンを持っていき、会場近くのスペースでひたすら過去問道場を解いてました笑

終わりに

「あなたがFP3級を取得する目的は何ですか?」

一度じっくりと考えてみると、
試験までにやるべきことが見えてきます。

もし、取得する目的が
「FPに関する知識が欲しい」なら、
長期間で学習する必要があります。

自分の目的に合った、
勉強方法や学習期間を設定しましょう!

ここまでお読みいただき、
ありがとうございました。