スマホアプリ

【Apple Watch】ポモドーロで集中するならBe Focusedがおすすめ

生産性を向上させるテクニック、
「ポモドーロ・テクニック」を
Apple Watchで実践できるアプリを紹介。

ポモドーロタイマーは数多くありますが、
その中でもシンプルで使いやすい、
「Be Focused」をご紹介します。

ポモドーロ・テクニックとは

トマト

ポモドーロ・テクニックとは、
時間管理術の中でかなり有名な
効率的にタスクをこなすテクニックの一つです。

ポモドーロタイマー

Amazon : 60 Minute Kitchen Timer (Tomato)

名前の由来は、
ポモドーロキッチンタイマーと呼ばれる、
トマト型のタイマーとされています。

画像は米国版Amazonからです。
最大60分のトマト型タイマーです。

Be Focusedの設定

Be Focusedは言語が英語です。

インストールしたら、
設定を確認しましょう。

BeFocusedの設定
  • Work Interval
    1回の作業時間です。
    科学的には25分が良いらしいです。
  • Short Break
    1回の小休憩時間です。
    5分以上15分以内がベスト。
  • Long Break
    指定された回数後の休憩時間です。
    15分以上30分以内が理想的です。
  • Long Break After
    Long Breakまで何回Workを行うかです。
    僕は3回で行っています。
  • Target
    1日に何回作業を繰り返すかの目標です。
    アプリ側で目標達成などが確認できます。
  • Chronometer Sound
    いわゆるチクタク音です。
    時計の音が好きな人は試してみては?
  • NOTIFICATIONS
    アラーム音が変更できます。
    個人的には、初期が一番しっくりきます。

Apple Watchの設定

アプリをインストールすると、
Apple Watch側に追加されます。

特に必要な設定はないため、
直感的に操作が可能です。

  • タスクの追加
  • タスクの削除
  • タスクの作業開始
  • タスクの一時停止
  • タスクの終了

できることが限られているため、
シンプルで使いやすいです。

もちろん、
iPhone側と連動しています。

僕がBe Focusedを使うとき

自宅や外出先で集中する際に使用します。

例えば、
ブログの記事を執筆する際や
資格試験の学習をする時に使います。

タスクを分けることで、
それぞれにどれぐらい集中したかが、
グラフで分かるので達成感があります。

Be Focused Pro

有料ですが、
Be Focused は Pro版も存在します。

  • 広告の削除
  • 統計のCSVエクスポート
  • iCloudによる設定の同期

が可能となります。

Macにもインストールしており、
iPadでも使用する機会があったので
僕はPro版を使っています。

iPhoneとApple Watchだけで使用する場合、
作業中に動画広告が出てくることはないので、
無料版でも問題ないかもしれません。

気に入ったらお気持ちとして、
購入するのも良いかもしれません笑

まとめ

今回はポモドーロ・テクニックに便利な、
「Be Focused」を紹介しました。

Apple Watchとの連携が、
シームレスなのでおすすめです。

ここまでお読みいただき、
ありがとうございました。